当社が制作してきた幻の名作ゲームの数々。

私たち辰巳電子工業は、1984年に業界初の3画面マルチスクリーンシステムを採用し

一世を風靡したレースゲーム第一弾「TX-1」を企画開発。


ゲーム 機市場に参入して以来、名作と呼ぶにふさわしい数多くのゲ−ム機を送り出してきました。
さらに数年後、当時のゲーム機の主流とされた2次元システムから3次元システムへの転換期が。
辰巳電子工業では、流行を見据える一方で、これまでにない楽しさを創造するために
先進的な高速画像処理による手相解析技術を 駆使した体験型占いゲームを開発。

1995年7月にプリントシール機の先駆け、”プリント倶楽部(プリクラ)”が登場しブームに。

そのわずか数年後には培った独自の電子技術と開発力を生かして
トレーディングカードとしてプリントできる商品を開発。


他社には真似のできない画質の良さを誇り、当時のプリントシール機とは一線を画す商品を発表しました。
その後も、プリントシールコミュニケーションサイトと連動させるなど
画期的なプリントシール機を発表しています。
これまで取り組んできた商品開発に見られるように
辰巳電子工業は、新しい楽しさを次々とカタチにしていきます。

※「プリクラ」「プリント倶楽部」 は、株式会社セガの登録商標です。

Vision

ビジョン
vision.jpg

History

沿革
history.jpg

Greetings

ごあいさつ
ta2b.jpg

Company

会社概要
ta1.jpg

Trajectory

軌跡
tx1a.jpg

privacy policy

プライバシー
privacy.jpg